sdfgsafgEA

たしかドラッカー博士の本だったか、

うろ覚えなのですが、^^;

こんな話しがあります。



アメリカのある鉄道会社の業績が、

徐々に落ちていたそうです。

理由は明白で、人々は新たな移動手段として

飛行機を使うようになってきたから。



アメリカはめちゃくちゃ広いですからね。^^

でも鉄道会社の幹部たちは危機感を持ちませんでした。

「だってうち、鉄道会社だもん」と。



「自社は鉄道会社」という思い込みが強いと、

新たな技術革新を前に舵を切ることができずに衰退してゆきます。



でも「自社は人々を速く快適に移動させる会社」

という思い込みをしていたらどうでしょう?



鉄道で稼いだお金で、

自動車事業、航空事業、タケコプター事業、

どこでもドア事業を開発していたかもしれません。^^



先週からミッションの話が多いのですが、

ミッションはお客さんの最終的な幸せでなければいけません。

「鉄道を通じて〜」とか限定を入れれば入れるほど、

身動きが取れなくなります。



もし私が、

「コンサルティングを通じて中小企業を元気にする」

とミッションを掲げていたら、

マニュアル類を販売する情熱が湧かなかったでしょう。



私は中小企業の社長と社員が楽しそうに仕事して、

儲かっていれば、わりとなんでもいいのです。^^

そこに私が何かいいものを提供すれば、

きっとお金を払ってくれるでしょう。(笑



今の自分を前提にしてはいけません。

あくまでお客さんの幸せのため、

自社は存在をさせていただいているのです。^^



【質問】あなたの会社は、なんのための会社ですか?



当社は「中小企業を元気にする」会社です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/