efsdgdgrsdrs

ある実験で、

5人のチームにアンケートをしたそうです。

「チームにおけるあなたの貢献度は何パーセントですか?」



するとそれぞれ平均で30%の貢献度を主張し、

合計では150%になったそうです。



言い換えると、

「自分はけっこう頑張っているけど、

 他の奴らは手を抜いている」と、

全員が思っていることになります。(笑



このアンケート結果はうろ覚えで、

面白く読めるにように書いてあるので、

本当のところを知りたい方はこちらの本をご確認ください。^^;


■GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代



「自分はけっこう頑張っているけど、

 他の奴らは手を抜いている」という気持ち、

実は社長さんが一番思っているのではないでしょうか。^^;



先週、「怒っているときは被害者意識」という内容を書きましたが、

自分ばかりが頑張っているという思い込みの被害者意識を、

全員が持っていることになります。



それじゃあ会社はうまくいきませんよね。

予算比150%を達成しているのならまだしも、

予算比100%なら誰か、もしくは全員の認識が間違っています。



つまり社員は、

「自分はがんばっているけど、

 なんだかわからないけど社長は楽をしている」と、

思っていると思った方がよさそうです。^^



本当は頑張っていないのに

頑張っているアピールをするというのではなく、

頑張っている姿を自然と見せてあげること。



自分の頑張りを自分は知っているけど、

他人の頑張りを知るためには何かしらの努力が必要です。

旦那さんと奥さんの関係も一緒。(笑

相手も同じことを思っているということを知らなくてはなりません。



全員の認識として、

貢献度合計が100%、

もしくはそれ以下と思えるならば、

面白い会社になるかもしれません。^^



【質問】あなたの会社の貢献度合計は、何%ですか?



私の貢献度は、10%くらいかなぁ。。^^;



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^