sdfgradfgp

経営相談を受けた社長さんから、

中途採用した社員がいまいち、

とういうお話しをよく聞きます。



それはけっこう当たり前で、

中途採用でうまく機能する率は、

2割あればかなり優秀だと思っています。



いまいちということは給料と働きが

釣り合っていないということですから、

最初から高い給料を出し過ぎなのです。



そこで考え方としては2つ。

1つは最初の給料は低く設定しておいて、

明確なハードルを超えるごとに

1週間などの短いスパンで昇給してゆくこと。



自分ならできると自信のある人は挑戦しますし、

口ばかりで本当は自信のない人は辞退します。



もう1つは上のやり方だと入社してくれずに、

例えばひとまず40万円を提示しなければならない場合、

25万円を基本給、15万円を特別手当として雇用契約を結びます。



で、3カ月は特別手当を保証するけど、

一定のハードルを超えられない場合は、

4カ月目から5万円ずつ特別手当を減額します。



すると半年後には最低で25万円になりますが、

その金額でまだ頑張るのか、

それとも別の道を選ぶのかを社員とよく話し合うことができます。



もし固定で40万円の場合には、

社員はしがみついてしまいますし、

社長は大きなストレスを抱えることになります。



給料は働いた結果で上がってゆくものです。

働く前から高い給料でないと力を出せないという人に、

そもそもいい人がいるわけがありません。



働きに見合わない給料は、

高過ぎても低過ぎても、

お互いに不幸を招きます。



ま、中小企業の場合、

実は高過ぎる場合が多いんですけどね。^^;

給料額に対する固定観念を持ち過ぎないようにしましょう。



【質問】社員に出している給料に、不満がありませんか?



このあたりのことは、

人材採用マニュアルに詳しく書いてあります。^^

         ↓

■ワンランク上の人材を採用する「人材採用マニュアル」



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/