ewfdsedzefdrs

「チーズはどこへ消えた?」は、

 

2000年に発売された世界的ベストセラー、

 

2匹のネズミと2人の小人の物語です。

 

 

 

その世界ではチーズは全てでした。

 

そしてネズミと小人たちは毎日迷路で

 

チーズを探して走り回っていました。

 

 

 

ある時、大量のチーズがある部屋を見つけました。

 

ネズミと小人は大喜びして毎日そこに通いました。

 

 

 

あまりに大量にあるので小人は安心し、

 

走り回っていた時に使っていた

 

ランニングシューズも捨ててしまいました。

 

 

 

ところがある日突然、チーズが消えてしまいました。

 

ない、ない、どこにもない!

 

 

 

ネズミたちはチーズがないことを確認すると、

 

新しいチーズを探すため、

 

すぐさま迷路に走り出しました。

 

 

 

しかし小人たちは部屋の隅々を探し回り、

 

壁に穴を開け、チーズがどこに消えたのか探し回りました。

 

そしてそれでもチーズが無いことがわかると今度は怒り出しました。

 

 

 

「われわれにはチーズに対する権利がある」

 

「チーズが消えたのはわれわれのせいではなく、

 

 誰か他のやつのせいなんだから、

 

 われわれは何かをしてもらうべきだ」

 

 

 

でも実は、チーズは突然消えたわけではありませんでした。

 

日々少しずつ少なくなってゆき、鮮度が落ち、

 

次第にカビが生えてきていました。

 

 

 

毎日注意深くチーズを嗅ぎ回っていたネズミは

 

その変化に気づいていました。

 

そしてチーズがなくなるその日を予測し、

 

準備していたのです。

 

 

 

さて、チーズを探しに再び迷路に走り出した

 

2匹のネズミはどうなったのか??

 

途方にくれ、怒りに震える2人の小人はどうなるのか?!

 

 

 

Coming Soon・・・はありませんので、(笑

 

こちらの本をお読みください。^^

 

      

 

■チーズはどこへ消えた?

 http://yurui-business.com/cheese/

 

 

 

【質問】変化を観察、予期し、楽しんでいますか?

 

 

 

諸行無常なのです。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/