deafsgchfaewdfsxc

私はまだ読んでいないのですが、(笑

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』

という本があります。



どうやら方眼ノートである必要はなく、^^;

ノートの書き方がポイントのようですので、

お伝えしますね。^^



まずA4用紙を横書きに置いて、

上から1/5くらいに横に線を引いて、

その上にテーマを記入します。



イメージとしては新聞の見出しのように、

【ゆるビジ☆ニュースレター 開始5年度で読者数1万人突破!】

など。(笑



そして下のスペースを1/3になるように縦に2本線を引き、

左から順に【事実】【アイデア】【アクション】と書きます。



そして【事実】は何か、

そこから思いつく【アイデア】は何か、

実行する【アクション】は何かを

切り分けて記入してゆきます。



【事実】

・2013年2月14日配信スタート

・現在2867人

・うち商品購入者1237人

・中小企業経営者が中心

・税理士、社労士も多数

・独立起業志向のあるビジネスパーソン



【アイデア】

・新商品でプロダクトローンチを実施

・他のメルマガ配信者と対談コラボ

・メルマガ登録特典をテンプレートなど魅力的なものに



【アクション】

・新商品(社員解雇マニュアル)開発を急ぐ(12月中旬)

・ローンチをお願いする人に声をかけておく(来週)



という具合ですね。^^

何人かで議論をしていると、

それが【事実】なのか、とりあえずの【アイデア】なのか、

実行する【アクション】なのかが曖昧になりがちです。



そんな時にホワイトボードにこの図を書いて、

記入しながら議論することで、

「ちょっと待って。それは【事実】なの?」

「それはいいね!ナイス【アイデア】!」

「これはひとまず【アクション】に入れておこう」

という言い方をするようになります。^^



もしこの方法が使えないなぁ、

使いにくいなぁという会社さんの場合、

実行するアクションを決める会議ではなく、

報告のための会議になっているかもしれません。



一度試してみてくださいませー。^^



【質問】会議に結論は、ありますか?



いつ、誰が、何をするか、それが重要です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/