fsdaerfaw

人材採用マニュアルで紹介している

 

「人材採用を成功させる5つのポイント」

 

についてご紹介します。

 

 

 

ポイント1.自社サイトの人材募集ページを充実させる

 

 

  紹介がいいのか、どんな媒体を使って募集すればいいのか、

 

  それはいつまでもついて回る問題ですが、

 

  そもそも応募の前に会社のホームページを見る人材でなければ、

 

  高いレベルの仕事は期待できません。

 

 

  高いレベルの人材がもっと話しを聞きたいと思えるように、

 

  人材募集ページを作り込む必要があります。

 

  でもそれがなかなか難しい。

 

 

  そこで人材採用マニュアルでは人材募集ページ作成のポイントと、

 

  かなり作り込んでいる3つの会社、病院の実際の事例を

 

  紹介しています。

 

 

  この事例を見れば、どこまでやるべきか、

 

  どの部分なら取り入れられそうか、

 

  イメージができるようになるでしょう。

 

 

 

ポイント2.人材採用説明会を開催する

 

 

  募集をかけて応募があった人と都度面接。

 

  面接はする方もかなり消耗しますし、

 

  このやり方だとどうしても行き当たりばったり感が出てしまい、

 

  高いレベルの人材を採用することは難しいでしょう。

 

 

  そこで応募者を一度に集めて、人材採用説明会の開催を

 

  お勧めします。

 

  集める人数は1人でもいればOKです。

 

 

  人材採用マニュアルでは効果的な説明会の開催手順と

 

  会社説明用のパワーポイントのスライドを紹介しています。

 

 

 

ポイント3.適性検査を実施する

 

 

  人材採用説明会で会社のミッション、ビジョンを伝え、

 

  合わないと自己判断した方には帰っていただき、

 

  入社希望者に対して適性検査を受けてもらいます。

 

 

  人材採用マニュアルでは3種類の適性検査と

 

  その実施手順を紹介しています。

 

  適性検査のポイントは試験と採点に時間がかからないこと。

 

 

  この適性検査を理由に足切りをおこなうことで、

 

  応募者全員と面接をしなくて済みます。

 

  適性検査合格者には次の一次面接に進んでもらいます。

 

 

 

ポイント4.面接の進め方

 

 

  面接前に応募者に記入してもらう『面接事前調査票』と、

 

  20の効果的な質問リストを掲載した『面接質問シート』の

 

  2つの面接ツールと性格適性検査結果を使った

 

  面接方法を紹介しています。

 

 

 

ポイント5.いきなり採用しない

 

 

  面接時の嘘の見抜き方も紹介していますが、

 

  実際問題として嘘を見抜くことは難しいものです。

 

  特に本人が嘘と思っていない場合はいくら話しをしたところで

 

  意味がありません。

 

 

  そこで階段状の給料ステップとアルバイト体験制度を取り入れることで、

 

  優秀な人材を早期に登用し、自社で活躍できなそうな人材に

 

  早期にお引き取りいただく仕組みを作っておきます。

 

 

 

【質問】5つのポイント、押さえていますか?

 

 

 

企業は人なり。人との出会いは採用です。^^