fdsaerfesafazfs

先週は人材採用マニュアルと求人成功レポートの

キャンペーンにお付き合いいただきまして、

ありがとうございます。^^



おかげさまで想定より多くの方に買っていただきまして、

心から感謝しております。



私はキャンペーンをおこなう際は、

手を替え品を替え、何度も何度も本気で売り込みます。^^

当然のことですが売る側が本気でないと、

お客さんに買ってもらうことはできません。



でも実は、これがなかなか難しいんですよね。^^;

売れないと言っている人は、

見込み客にちょっとだけ案内して、

反応が薄いようだとすぐに引っ込めてしまいます。



実は私も今、絶賛失敗中なことがあります。^^;

100社訪問プロジェクトというのを

編集後記でちょっとだけ案内して、

反応が薄いから引っ込めている状態です。(笑



※100社訪問プロジェクト

 田島が100社の企業に訪問して、

 インタビューやアドバイスをおこなうもの。

 経営相談の場合は来てもらって3〜5万円なのですが、

 田島が訪問して1万円(税別)という激安プロジェクト。



それでも今日の午後、1社訪問してきます。

K様、よろしくお願いいたします。^^



本気で売り込むことができないというのは、

そもそもコンセプトが甘かったり、商品に自信がなかったり、

商品のことを実はよくわかっていない、

もしくは買っていただけないことが自分自身の拒絶と

感じてしまうことが原因ではないでしょうか。



ちなみに100社訪問プロジェクトの場合、

コンセプトが不明確ですね。^^;

何社か訪問しながら定めてゆきたいと考えていますが、

そんなのでもお付き合いいただける会社さんはご連絡をください。^^

って思いっきり腰が引けていますね。(笑



というわけで、

売るときは本気の本気で売り込もう、

もし本気で売りこめないとしたら、

その原因はなんでしょう?

というお話しでした。^^



【質問】100社訪問プロジェクト、やっぱり興味ありませんか? ^^;



ベネフィットを明確にしないでしつこいだけという、

ダメな営業の典型ですねぇ。(苦笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/