dsfaioapefjpa

 昨日、友人の経営者とプチ忘年会をしてきました。

 

そこで出てきた話です。^^

 

工場の窓ガラスが割れてしまい、

 

インターネットで修理店を探して来てもらったそうです。

 

 

 

現場を見てもらい見積もりを出してもらうと9万円とのこと。

 

友人はガラスのサイズから考えて高すぎると思ったそうで、

 

安くならないか聞いても8万5千円が限界と言われ、

 

検討すると言ってお帰りいただいたそうです。

 

 

 

そこで取引先に修理店がないかを聞いて紹介してもらったところ、

 

3万円で修理が完了したそうです。

 

さてこの話をどう解釈すればいいのでしょうか? ^^

 

 

 

優良店は紹介でしか見つけられない?

 

インターネットで出てくる会社はぼったくり?

 

インターネットは怖い?(笑

 

 

 

違いますね。^^

 

まあ9万円と言った修理店はぼったくりなのかもしれませんが、

 

少なくとも集客するというマーケティングの努力はしています。

 

 

 

私の完全な偏見ですが、(笑

 

真面目で誠実な中小企業ほど、

 

きちんといい仕事をしていればいつか報われると信じ、

 

そのくせ実は集客、マーケティングの努力をせずに、

 

お客さんがいない、景気が悪いと言っている気がします。(辛口

 

 

 

だって3万円でできる修理店が、

 

きちんと集客すればいいんですよね。

 

そうすれば9万円とかいう修理店は自然淘汰されるはずです。

 

(もちろん特急とか深夜とかの特別な価値があれば別です)

 

 

 

ちなみにこういった地域密着サービスの場合、

 

「ガラス修理 足立区」などの地域を絡めたキーワードで

 

上位表示されるようにすればいいでしょう。^^

 

 

 

そして信頼感のあるわかりやすいサイトを用意しておけば、

 

自動的、継続的に問い合わせを得られるようになります。

 

 

 

真面目で誠実な中小企業さん、

 

現場での作業も仕事ですが、

 

集客の仕組みを作るのもとっても重要な仕事です。

 

 

 

ちなみにこちらの教材で学ぶことで、

 

5時間で集客に効果的なサイト制作をマスターできます。^^

 

       ↓

 

http://ワードプレス5時間講座.com/

 

 

 

自動的、継続的な集客の仕組みに興味のある方は、

 

年末年始にマスターされてはいかがでしょうか。^^

 

 

 

【質問】真面目で誠実で集客下手、ではありませんか? ^^;

 

 

 

真面目で誠実で集客上手、これをゆるビジ☆と言います。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/