odsaopifepwdee

社長とナンバー2の流儀の第4話、

今日と明日はナンバー2の流儀です。


第1〜3話はこちら。^^

社長とナンバー2の流儀(1/5)

社長とナンバ2ーの流儀(2/5)

社長とナンバ2ーの流儀(3/5)



【ナンバー2の流儀1】常に社長の目線で考える

社長だったらどう考えるのか、社長だったらどう振る舞うのか、

オンオフ問わず、誰も見ていなくても、

常に社長の目線で考え行動する必要があります。


社長にとって『いつでも自分と同じ判断をしてくれる』という

安心感を持てる人材になりましょう。



【ナンバー2の流儀2】自分よりも会社、社長、仲間を優先できる

ナンバー2が自分は偉い、と勘違いをしたら社員は誰もついてきません。

社員はもちろん、社長よりも会社のために気持ちと時間を使っている姿を見て、

社員は納得をするのです。


自分のエゴを捨てられる人材しかナンバー2にはなれないのです。



【ナンバー2の流儀3】絶対に社長の批判をしない

ナンバー2が社長に対して批判的な態度を取った瞬間、

会社のチームワークはもうお終いです。

修復には年単位の時間がかかるでしょう。


もし社長に対して言いたいことがあれば、

社長と二人だけの時に伝えることです。

他の社員が見ている前で絶対に社長を立て

尊敬をする態度を崩してはなりません。



こうして見ると、

明らかにトップよりも大変です。^^;

だからこそ、尊敬に値するのです。^^



【質問】そんなナンバー2が、いますか? ^^



社内のナンバー2さんにも、読ませてあげてください。(笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/