sdfasaegaser

私が駆け出しのコンサルタントだったころのお話です。^^

 

私は新卒でコンサルタント会社に入ったのですが、

 

社長は別として、クライアントの社員さんたちは

 

若造の私が何を言っても当然聞いてくれません。^^;

 

 

 

そこは地方の工場だったのですが、

 

まあよくある感じで現場はぐっちゃぐちゃ。(笑

 

 

 

物がいっぱいで作業スペースも通路も狭くて、

 

新人が入ったり他部署の人が手伝いに来ても

 

何がどこに置いてあるのかわからず

 

ぜんぜん戦力になりません。^^;

 

 

 

「大掃除と整理整頓をしましょう」

 

と若造の私がいくら言ったところで、

 

現場の職人気質の人たちは、

 

「これが一番やりやすいんだよ!」と一蹴です。^^;

 

 

 

でも社長にお願いをして、

 

私が悪者で構わないから、

 

土曜日に休日出勤して大掃除をすることになりました。

 

 

 

1年以内に使わないものは全部ゴミ。

 

これ捨てましょう、あれ捨てましょうと

 

どんどん捨ててゆきます。

 

 

 

なぜか木の下に冷蔵庫が半分埋まっていたのを

 

みんなで掘り起こしたりして、

 

最終的には2トントラック2杯分になりました。

 

 

 

私はわざと誰よりも大張り切りして、

 

スーツも革靴もドロドロ。^^;

 

 

 

でもそれ以降、職人気質の人たちも

 

私の意見も聞いてくれるようになって、

 

会社の改善がスムーズに進むようになりました。^^

 

 

 

人に言うことを聞いて欲しければ、

 

言うことを聞きたいと思われる人間になることです。

 

 

 

本質的な頑張りとちょっとのアピール。^^

 

作業着を持っていって着替えるより、

 

汚れてもいいスーツを着ていったのは内緒です。(笑

 

 

 

【質問】手を、汚していますか?

 

 

 

あの頃も、楽しかったなぁ。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/