sdjiajihash744747bkjx

「あいつは叱られて伸びるタイプだ」とか、

「僕、褒められて伸びるタイプなんです」

とかいう言葉を聞きます。



でもアドラー心理学では、

叱ることはもちろんですが、

褒めることも否定しています。



褒めも叱りもしてはいけない?

それは一体どういうことなのでしょうか。



褒めたり叱ったりは、

人を動かす上で有効です。



例えば、

子供が落ちているゴミを拾ってゴミ箱に捨てたことを、

褒めたとします。



すると子供はまた褒めて欲しくてゴミを拾います。

でも褒める人が誰もいなくなったとき、

その子供はゴミを拾い続けるでしょうか?



目的が褒められることにあると、

その行動は褒めてくれる相手ありきです。

「いいこと」をしているのではなく、

「褒められること」をしているだけです。



それは叱ることも同様で、

叱られるから何かをやるとかやらないとか、

叱る人がいなければ不適切な行動も取るのであれば、

それは動物の躾でありそこに成長はありません。



あ、ちなみにですが、

それがよくないことであることを知らない場合、

怒るでも叱るでもなく「教える」の段階です。



人は誰でも、

適切な他者の指示を仰いで生きていたほうが、

楽ちんです。



だから無意識のうちに誰かの支配下に入り、

褒められたり叱られたりしながら、

保護を求めます。



それは褒めたり叱ったりする側の人も同じで、

相手が自立して自分と対等の立場になることを恐れ、

自分の支配下に置き操作するための道具として、

褒める、叱る、を使っていないでしょうか。



褒めも叱りもしてはいけないのなら、

どうすればいいのか・・・?



その答えはこちらの本の中に。(笑

      ↓




【質問】消化不良、ですか? ^^;



人間対人間の、「尊敬」と「愛」なのです。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/