asdhfah3727au


先週、クライアントの新入社員に

お話してきた内容です。

作業と仕事。



【作業とは】

言われたことをして、責任を持たないこと。

「私は言われたことをきちんとやっています」


言われたことだけしていれば、

とりあえず責任は指示者にあります。


なにか問題があってもこんな感じ。

「言われた通りにやっただけです」

「勝手なことはしていませんよ」


こんな自己保身に走っているうちは、

まだ仕事をしていることになっていません。



【仕事とは】

自らの発想と責任において、実行すること。

自分で動き出せば、

その責任は当然自分にかかってきます。


自分にできることを見出して、

その責任を背負いこんでみることで、

初めて仕事になります。


そういう意味で「仕事」を創り出すのは自分自身で、

「与えてください」でもらえるのは「作業」です。



例えば、何かの書類を整理する、

という役割を与えられた時、

言われた通りにだけ整理するのは「作業」です。



でもその目的を考え、例えば、日付順、担当順、

内容順などのインデックスを付けてみるなどを考え、

それにかかる時間とともに指示者に相談してから実行すれば、

それは自らの責任における「仕事」です。



仮にうまくいかなかったとしても、

責められるものではないし、

将来の成長がとても楽しみになります。^^



少しずつ、責任を背負えるようになって、

より大きな仕事ができるようになりましょう。



というお話しでした。^^



【質問】作業ではなく、責任込みの「仕事」をさせていますか?



作業ロボを作ってはいけません。



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/