83hwhhhewq

ちょっと前に新型のiPhoneが出ましたね。

あまり話題になっていませんでしたが。^^;



新型iPhoneのキャッチコピーってわかります?

「小さなボディの大きな一歩」



ううーん、

2分後には忘れていそうです。^^;



同じiPhoneであっても、

相手によって伝えるポイントが異なります。



1.iPhoneユーザー

 新型iPhoneは知らないがiPhoneには馴染みがあるため、

 新色、高性能カメラ等、新しい機能を訴求。



2.アンドロイドユーザー

 iPhoneは知らないがスマホは使っているため、

 iPhone独自の優位性を訴求。



3.ガラケーユーザー

 スマホは未使用だが携帯は持っているため、

 スマホ自体のメリット、操作性を訴求。



さてこう考えると、

「小さなボディの大きな一歩」

というコピーは誰に向けたものでしょう?



最近はデカいスマホが増えてきたので、

iPhoneまたはアンドロイドユーザーで、

片手に収まる高性能機を求めている人向け、

と言えるでしょうか。



ただ「大きな一歩」というのは、

すでにスマホを使っている人に対して、

何かを訴求している感じはあまりしません。^^;



既にiPhoneまたはアンドロイドユーザーなので、

何かストレスに思っていることがあるはずです。



サイズが大きすぎて片手で扱えないとか、

古くなって動きが鈍いとか、

そんなことに対する解決策を提案します。



私だったら、

「小さなボディに最高の性能」的なことを

伝えた方がいいと思います。



ここまでは「何を言うか」で、

「どう言うか」のひねりを少しだけ考えます。



小さなボディに最高の性能・・・。

「iPhoneのポルシェ911ターボができました」

ううーん、

さすがにアップル様ではダメですね。^^;



一番大事なのには、

誰に、どのタイミングで、何を言うか。

そのための商品づくりなのです。^^



【質問】誰に、どのタイミングで、何を言えば、売れますか?



どう言うか、は最後です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^