sfuhag77aydgay7gy7


今月発売した新型iPhoneが、

発売三週間で値下げをしたそうです。



しかも最悪なことに、

二週間以内の購入者はキャッシュバック

をするとのこと。^^;



ええー!?

新発売一週間以内に購入した超ロイヤルカスタマーが

一番損をした格好です。



もともとAppleのルールでは、

購入後14日以内に値下げがあった場合、

差額の返金を求めることができるそうです。



でもこれはやってはいけません。

優秀な人材が集まったAppleほどの会社が

かなりのお役所仕事感です。



この一回の事例をもとに、

次回以降の新発売の初速は鈍くなるかもしれません。



ちなみに私の販売しているマニュアル類は、

値下げをしたことがありません。



値下げをするということは、

初期に買っていただいた大切なお客さんに

損をさせることになるからです。



でも値上げは理由なくともどんどんします。^^

それは「早く買わないと損するよ」

というメッセージになるからです。



そして高い価格で売上が一巡した場合は、

同じ商品のまま値下げをせずに、

商品のグレードを落とした廉価版として販売します。



こうすることで、

高価格帯では手を出さなかったお客さんも

取り込むことができます。



洋服のブランドにも、

セカンドラインというのがありますよね。



もしくは最新作が出た時点で

旧型は値下げというのも納得ができます。



マーケティングの大原則は、

先に買ってくれたお客さんに得をさせること。

そうすることでお客さんは、

安心して買ってもらえるようになるのです。^^



【質問】早く買わなきゃ損する会社に、なっていますか?



大切なのは、納得感です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^