23787821gw

マーケッター必読の書である「影響力の武器」のまとめメモ。

調子に乗ってもう少し続けます。(笑


影響力の武器 [第三版] なぜ、人は動かされるのか



■ウラのある誠実さ

「その専門家は、どの程度誠実なのだろうか」ある領域で

 知識の豊富な専門家であっても、

 彼らの言葉が誠実に事実を述べているとは限らない。


 専門家は誠実であることを印象づける手段として、

 自分の利益に少し反したことを言う。


 しかしその欠点は、もっと重要な利点によって簡単に

 相殺される副次的なものである場合が多い。


 例)お値段は高いです、でもその分長持ちです



■レストランのウェイター

「今晩はその料理はいつもほどよくないと思いますよ。

 その代わり(少し安い)○○や△△をお勧めします」

 この策略のおかげでウェイターは

 そのレストランで何が美味しいかを知っている権威者になる。


 そしてこう続ける。

「それから、お客さまの食事に合う銘柄のワインをお勧めさせていただくか、

 あるいはこちらで選ばせていただいてもよろしいでしょうか?」

 誠実である専門家ほど信頼できる人はいない。



■心理的リアクタンス

 簡便法。どれくらい手に入りやすいかを手がかりとして、

 その物の質の良さを迅速かつ正確に判断している。


 手に入れる機会が減少するにつれ、私たちは自由を失うことになる。

 既に持っている自由を失うことを嫌う。


 自由な選択が制限されたり脅かされたりすると、

 自由を回復しよとする欲求によって、

 その自由(それに結びつく物やサービス)を以前よりずっと欲するようになる。


 例)ロミオとジュリエット



■検閲

 ある情報が他では手に入れられないと思うだけで、

 その情報をより説得力があるものと考えてしまう。


 さらにある情報を得ることを禁じられると、

 禁じられる以前よりもその情報を求めるようになり、

 その情報をより好ましく思うようになる。



■貴重になったクッキー

 少ないクッキーはたくさんあるクッキーよりも望ましく、

 社会的需要によって手に入りにくくなったクッキーが最も望ましい。

 それを求めて競争している時に最も欲しくなる。


 例)限定●個、残りわずか

   内定をいくつももらっている学生



■防衛法

 希少性の高いものを所有することによって、

 社会的、経済的、心理的な利益から欲しがっているのか、

 食べたり、飲んだり、触ったり、聞いたり、動かしたりというように、

 それを利用するために欲しているのかを判断する。

 そのものの価値と希少性は関係ない。



いま流行りのネット系マーケティングテクニックそのままですね。^^;

知っている人は利用するし、知らない人はひっかかる。

勉強って楽しいですね。^^



【質問】誠実な専門家が、貴重な情報を教えてくれていませんか? ^^



私のことじゃ、ないですよ? (笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/