25187591

だいぶうろ覚えですが昔見たテレビ(特命リサーチ200X?)で、

映画館で火災発生時に、

人がどう動くかという実験をしていました。



火災が発生したため避難する案内が流れると、

実験協力者(サクラ)が一箇所の出口に殺到します。



すると被験者は、別の出口が近いにも関わらず、

人が殺到している出口に向かい、

結果としていつまでも出ることができませんでした。



実験終了後、被験者に、

どうして人が殺到している出口に向かったのか聞いたところ、

「皆が向かっているからそっちが正解だと思った」

という答えでした。



そこにいる誰もが状況を飲み込めない中で、

他人の行動を参考にしたところで意味はありません。

生き残るためにベストの選択をすること。



私は私なりに、

注意深く生きているつもりです。(笑

例えばこんな感じ。


・駅のホームでは、万が一押されても大丈夫な場所に立つ

・電車に乗ったら乗客を見回し、危なそうな人がいたら車両を移動する

・繁華街で人が走ってくる音が聞こえたら、そっちを見て確認する

・運転中に見た目・運転が危なそうな車がいたら、距離をあける

・事故等ヤバいことが起きた時こそ冷静になる、セルフイメージ



他にもいろいろありますが、

なんだかだいぶ中学2年生な感じがしますね。(笑



でも、生き残るためにベストの選択をした上で、

どうしょうもない状況になったら、

他人(自分より若い人)のために

できるだけあっさり死ねる覚悟も併せて持つこと。



鎌倉時代の禅僧道元はこのように言っています。

『志ある人は、人間は必ず死ぬ、ということを知っている。

 志のない人は、人間が必ず死ぬ、ということを知らない』



無理やりですが、経営も同じです。(笑

トラブルの時こそ冷静に、ベストの選択をすること。

それでもいざどうしょうもない状況になったら、

極力他人のためになるようにあっさり会社を畳んでやり直す覚悟。



一所懸命生きて、

いい経営をしましょう。^^



【質問】ヤバい時ほど、冷静になれますか?



お互い、どうにか生き残りましょう。(笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/