3251531

許可がないと動けない人っていますよね。

でも人から許可を受ければ受けるほど、

その内容は無難なものになってゆきます。



クライアントの社員さんと話していて、

「こういうことをやっていいんですか?」

と聞かれることがありますが、

その許可を出すのは私じゃあありませんよね。(笑



もし私が許可を出したら、

「田島先生がやっていいと言った」ということになり、

自分で責任を負うことをやめてしまいます。



会社の中でも同じで、

上司への報・連・相を徹底しすぎる会社は、

自ら責任を負えない社員を生みます。



私の理想は、

「こんな風にやっちゃったんですけどいいですよね?」

という許しを請う風報告か、

「すみません!挑戦したら失敗しちゃいました!」

という自分にはお手上げ系です。(笑



ルールを破らなければ何をしてもいいとまでは思いませんが、

ルールの範囲内でできるだけ非常識なことをしなければ、

革新はありえません。



革新を起こしてしまえば、

許可を出すべき人も容認せざるをえません。

危険な考え方ですかね?(笑



誰かの許可を受けて責任を回避するのではなく、

自分の責任において挑戦し、

失敗したら全力で許しを請うこと。



誰かの許可をもらい続ける人生なんて、

まっぴらなのです。

あなたの人生はあなたのものなのですから。^^



【質問】誰の許可が、必要ですか?



目の前の鏡の中に、いる人です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^