3251515

今週木曜日に発売する

「福利厚生規程マニュアル」について、

神田さんの【売れる質問】を参考に、

まとめてみました。^^



売れるキャッチフレーズを考えるために・・

商品説明をカンタンにしただけで、是非、売ってくれと

言われるためには、どんな説明をすればいい?



1.この商品は、ズバリどんな商品か?

  その特徴2つを説明すると・・・


 ・ゴルフやスポーツジムなどの費用を、正しく経費計上できる

 ・各種書類が付属し、小さな会社でもかんたんに使える



2.この商品を説明しただけで、

  売ってくれと嘆願する客はどんな客?


 ゴルフやスポーツジムなどの費用を

 できるだけ会社の経費に計上したいと思っている

 中小企業社長。



3.なぜ既存客は自分の会社から、

  この商品を買うことにしたのか?


 ・田島の他にわかりやすく解説している商品は皆無

 ・数万円の費用で数百万円を生みだす抜群の費用対効果

 ・マメな情報発信による信頼感

 (この商品は新商品なので既存商品の場合)



4.お客は、どんな場面で怒り・

  悩み・不安を感じるのか?


 ・高すぎる税金、社会保険料に対する怒り

 ・なかなかキャッシュが残らない悩み

 ・損をしているのではないかという不安



5.なぜ、この商品は、

  その悩みを解決できるのか?その証拠は?


 会社として福利厚生の充実を図ることで、

 合法的に個人の支出を減らしキャッシュを残せる。


 大企業や役所では当たり前にやっていることであり、

 中小企業企業だけが知らないで損をしている。




そもそもこの福利厚生規程マニュアルは、

私がスポーツジムに通っていた時に、

「ジム会費を経費計上したい!」

ということから考え始めました。(笑



やはり明文化された規程がないと危ないなということで、

書籍やネットを相当探したのですが全然見つからず。

「ならば自分で作ってしまえ」ということで、

【スポーツジム規程】を作りました。



それがわりとうまくできたものですから、

だったら他にも作っちゃえ、

ということで派生していったのです。^^



明日はゴルフ規程について、

紹介しますね~。^^



【質問】是非売ってくれと、思いました?(笑



ハマる人にはハマると思うのですが。。^^;



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^