345236262

昨日のメルマガの最後で、

「既存顧客を大切に」

と書きました。



でも起業したばかりや、

新しい業界に参入したてて、

既存顧客がいない場合はどうすればよいのでしょうか?



そんな時は、

自分が理想とするお客さんをすでに持っている相手から、

既存顧客を借ります。

JV(ジョイント・ベンチャー)というやつです。^^



よくある例ですが、

ネイルサロンを開業したけど全然お客さんが来ない場合に、

流行っている美容院の一角を借ります。



その美容院とネイルサロンのお客さんの属性がきちんと合うなら、

待ち時間にお願いされることも多いでしょう。

それでお願いされないようなら、

たぶんどこでやっても無理です。^^;



一度お客さんになってしまえば、

それはもう自分の既存客です。

思いっきり大切にして、

指名で自分のお店に来てもらいましょう。^^



そして美容院へのお金の払い方はさまざまですが、

できれば家賃ではなく、

売上の一定パーセンテージをお支払いした方が、

Win-Winの関係になりますね。^^



またネイルサロンではなく、

中小企業を対象としたサービスを売りたい場合は、

私のように中小企業社長を読者に持つメルマガと

JVするといいかもしれません。



その場合、

売れたらパーセンテージを払ってお終いではなく、

見込み客リストとして貰えるかどうかが重要です。

実はこれをわかっていない人が多いです。^^;



一番大切なのは既存客、

その次に大切なのは見込み客。



だから見込み客をたくさん集めた上で、

買えるきっかけを早く作ってあげて、

既存客に昇格させてあげましょう。^^



【質問】あなたの理想のお客さんを、すでに持っているのは誰ですか?



見込み客は、そのうち客。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^