34662326236

とある異業種交流会で名刺交換をする。

一人の社長が「お話しを聞きたい」と言ってきた。

ようやく見込客が現れた!



誠実に尽くせば成約できると思うので、

無料で経営相談を受け提案書をつくる。

お人好しなら経営診断までしてしまうかもしれない。



でも最終的に、

「今は時期ではないのでまた教えてください」

と言われ契約に至ることはない・・・



こんな状況、

コンサルタントに限らず税理士さん、社労士さんも

心当たりがあるのではないでしょうか。^^;



「ちょっと会いたい」と言ってくる人の成約率は、

極めて低いです。

それではタダ働きを避けるためには

どうすればいいでしょうか?



初回相談のときから、

相談料が発生するようにしておきます。



例えば初回相談の費用が10万円としたら、

相談の結果、契約ということになれば、

初月の顧問料から差し引きます。



こうしておけば契約に前向きなお客さんにとっては

リスクはありませんし、

冷やかし客を事前にふるい落とすことができます。



ただし初回から費用請求ができる状況にするためには、

事前に自分のコンサルティングの内容や品質、考え方を、

セミナー、書籍、レポート、メルマガなどで、

勉強しておいてもらう必要があります。



私の場合、

顧問先は間違いなく私のメルマガを読んでいて、

何かのきっかけでご連絡をいただきます。



だからその時には提案書を書くことなく、

契約が決まっています。



私、会社の電話はほとんど出ないのですが、

以前、うっかり出てしまいまして、(笑

年商10億前後の会社の社長さんからの電話で、

コンサルティングの相談をしたいとのこと。



「相談料がかかります」というお話しをしたところ

明らかにテンションダウン。(笑

聞いてみるとこれまで私の商品を買ったこともなく、

メルマガを読んでいるわけでもないとのこと。^^;



「よかったらメルマガを読んでみて考えてください」

ということでひとまず終了。

その後、メルマガを登録した形跡もなかったので、

これでよかったのだと思います。^^;



コンサルというのは因果な商売で、

話すことがキャッシュポイントであり、

それを守るのは自分です。



タクシーの運転手さんに、

「ちょっとそこまでだからタダでお願い」とか言ったら、

ふつう怒られますよね。(笑



いい仕事をするのは当然として、

お客さんにそれをわかってもらうための

マーケティングも重要なのです。^^



【質問】タダ働き、していませんか?



涙をのんで、タダでは会わないのです。(笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/