64362625

コンサルタントは労働集約型とよく言われますが、

そんなに何をやっているのかというと

提案書と報告書の作成です。



もちろんクライアントの社員さんへのヒアリングや

現地での調査もありますが、

報告会の数日前からはたいてい徹夜です。



私は最長で2徹でしたが、

1徹めはまだ元気で「夜食食いに行こうぜ~」とか言っていました。

でも2徹めはなにも飲まず食わずで、

トイレすら行く必要がなくなりました。。^^;



かけだしの頃は特に、

報告書の体裁に囚われていましたね。

だから似た業種の過去の報告書を引っ張り出してきて、

使えるところを探したり。。^^;



でも当然ながらクライアントの社長は、

報告書なんて求めていません。

会社が良くなることを求めています。



その当時、私が頭の中で唱えていた言葉が、

「ポイント、ポイント、ポイントはなんだ?」です。



コンサルタントとして本質的には

会社が良くなるポイントを外さなければ、

報告書なんてペラ1でもOKです。



まあたいていの会社経営はそこまで単純ではないので、

もう少しボリュームは出てきますが、

最低限の枚数がベストです。

でも実際は500ページの報告書とかザラでしたねぇ。。^^;



当然のことですが、

10の成果を上げようとすると10の労力が必要です。



しかしポイントを押さえることで、

2の労力で8の成果を上げることは可能です。

ただそこから10に持っていくためには

あと8の労力がかかります。



つまり作業効率としては16倍違います。

自分の目的に対してポイントを外さないように、

心がけましょう。^^



【質問】ポイント、ポイント、ポイントはなんですか?



3つ以上あったら、多すぎかもしれません。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/