8787896

旅費規程活用マニュアルを

ご購入いただいた社長さんから、

ご感想をいただきました。^^


***************


目から鱗がおちるようなマニュアルでした。


あと半年早く購入していれば、

85万の法人税が10万まで抑えれたと思います。


税理士に「今回の法人税は80万ですね」

と言われて目の球が転げ落ちそうになりました。


全然稼いでないのにとられるとか・・・

ヤクザのみかじめ料かよ・・・


来期から役員が増えますので、

さらなる節税が見込まれます!


今期は勉強代ですが、来期の決算が楽しみです!


***************


N社長さま、

ありがとうございます。^^



でも旅費規程活用マニュアルは、

「旅費精算の手間を簡略化」するためのものであり、

税額の減少はたまたまの副次的効果ということで、

ご理解くださいね。(笑



またある社長さんに旅費規程のお話をしたところ、

「旅費規程をナメていました・・・」

と言われました。(笑



というのも、

「出張なんてそうはないし自分には関係ない」

と思われていたそうです。



でも「出張」の定義ってなんですかね??

何をもってして「出張」というのか、

法的な定義はどこにもありません。



まさしくそれを決めるのが、

自社で定める「旅費規程」なのです。



かと言って目の前の郵便局に行くのに、

出張というのはお手盛りすぎで

無理がありますよね。(笑



当社で販売している

「旅費規程活用マニュアル」では、

そのあたりのバランスを考慮した

出張の定義がしてあります。



まあたいていの社長さんは、

「そんなのが出張になるんですか?!」

「だったら私、毎日出張ですよ!」

「知らないで損をしていたぁ!」

という感じです。(笑



また節税の裏ワザ的な扱いをされることもありますが、

役所や大企業では当たり前に使われている方法が、

多くの中小企業では知らないために、

会社も社員も余計な税金と社会保険料を払っているのが現実です。



「出張なんてそうはないし・・・」という社長さんも、

自社でも使える可能性があるという視点で、

一度検討されてみるといいと思います。^^



費用対効果は抜群ですよ。^^

    ↓




【質問】旅費規程を、ナメていませんか?(笑



商売人と経営者の、センスの分かれ目だったりします。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/