868676473

Webページで何かを売りたいとか、

何かを伝えたい場合に、

冒頭文で次の5つのポイントを押さえる必要があります。



1.ページの更新日を記載する

  情報を求める人は新しい情報を求めているため、

  更新日を記載することで

  ページの内容が新しいことを明示します。



2.ページが誰に向けて書かれているのかを記載する

  どんな情報を求めるどんな属性の人かを明示し、

  呼びかけます。

  私の場合は「節税情報を知りたい中小企業社長さんへ」

  などですね。^^



3.どこの誰が書いたページなのかを明らかにする

  どんなに良い情報であっても、

  誰が書いたものなのかがわからないと素直に入り込めません。

  どこの誰が何の目的で書いたのかを早めに伝えます。



4.ページの内容を簡潔に要約する

  そのページに自分の求める情報があるかどうかわからないと、

  すぐに離脱してしまうため、

  そのページの内容を簡潔に要約して伝えます。



5.ページ内リンク付きの目次を設置する

  情報量が多いページの場合、

  どこに何が書かれているのかがわからないと、

  読み手のストレスになります。

  読み手が求める情報にすぐに移動できるようにします。



というわけで私の旅費規程のページに、

5つのポイントを取り入れてみました。^^

    ↓




これで成約率(購入者/訪問者)が

上がると嬉しいですね。^^



【質問】5つのポイントを、押さえていますか?



こちらの本からの紹介でした。^^

     ↓

■沈黙のWebライティング
 http://yurui-business.com/rz26/



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^