423261111

やりたいと思っていることが

なかなか手につかない時、

可能性に生きてしまっている場合があります。



例えば、

小説を書いて何かの賞に応募したいと思っているのに、

いつまでも書き上げることができないケース。



書き上げて応募をしてしまえば、

賞を貰える、貰えないがハッキリしてしまいます。



でも書き上げずに応募をしないままでいれば、

賞を貰える可能性を残したまま生きることができます。



「書き上げることができなかったのだから仕方がない。

 書き上げることさえできれば、

 もしかしたら、きっと、賞をもらえたハズ・・・」と。



こんな気持ち、

超現実的、行動的な中小企業社長には、

理解がしにくいかもしれません。(笑



よく聞くのが、

「独立したいと思っている。

 でも失敗したらどうしよう・・・」

と5年も10年も経っている人。



そんなの失敗すりゃあいいんです。(笑

こんな風に動けない人は、

そうそうデカイ失敗なんてできやしません。^^



せいぜい小金を損するか、

周りの人から「バカだなぁ」と、

温かく笑ってもらえる程度のものです。

レッツ失敗。(笑



実際に行動することで可能性をどんどん潰して、

新しい可能性の芽をどんどん見つけてゆくこと。

可能性の賞味期限は1ヶ月くらいにしておきましょう。^^



【質問】すでに腐らせてしまっている「可能性」は、ありませんか?



失敗こそが、可能性を広げるのです。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^