OOK85_hanatumari20150314132713_TP_Vs
 

社会保険料って高いですよね。

 

まあ高くてもそれなりのリターンがあるならば、

 

納得はできます。

 

 

 

厚生年金は本当に支給されるかどうかは怪しいにせよ、

 

支払った分は年金として返ってくるという理屈です。

 

 

 

でも健康保険は違います。

 

給料が高くてたくさん払ったからといって、

 

自己負担が安くなるとか病院で待たなくていいとか、

 

そんなメリットがあるわけではありません。

 

 

 

それどころか、

 

健康保険料をたくさん払っている人ほど、

 

損をする仕組みになっています。

 

 

 

高額療養費って聞いたことありますよね?

 

医療費の自己負担が高額になった時に、

 

国が手助けしてくれる制度です。

 

 

 

で、この手助けですが、

 

たくさん保険料を支払っている高所得者よりも、

 

少ない保険料の人の方が優遇されているのです。

 

 

 

以下は高額療養費の自己負担限度額です。

 

本当は複雑な計算式がありますが、

 

ざっくりのイメージで。

 

 

(標準報酬月額)(自己負担限度)

 

 80万円以上 : 25万円

 

 80万円以下 : 17万円

 

 50万円以下 : 8万円

 

 26万円以下 : 6万円

 

 住民税非課税 : 4万円

 

 

 

80万円以上の給料を取っている人は、

 

保険証を使って3割負担の部分で25万円以上でないと、

 

国は助けてくれません。

 

 

 

かたや26万円以下の給料ならば、

 

6万円以上で国が助けてくれます。

 

 

 

たくさん給料を取っている人は、

 

税金や社会保険料をたくさん負担して、

 

公的な支援はなくてあたり前、

 

という理屈です。

 

 

 

頑張って働いてたくさん給料を取る人が、

 

なんだか罰を受けているみたいですよね。^^;

 

 

 

このあたりは人それぞれですが、

 

合法的な選択として税金と社会保険料を抑えながら、

 

実質的な手取りを増やすことは可能です。

 

 

 

まあせっかくなのでこの機会に、

 

ご自分の持っている選択肢を

 

考えてみてください。^^

 

 

 

社員の手取りを上げて会社の人件費を下げる

 

「手取アップ&人件費削減マニュアル」

 

・サポート付きフルセット:16,200OFF

 

・バリューセット:10,800OFF

 

 

期   間:120() 2359分まで

 

パスワード:jinkenhi

 

     ↓

 

http://人件費削減.com

 

 

 

【質問】給料で、取りますか?

 

 

 

給料の前に、取る方法もあるんです。^^