tsuruno25_TP_Vs

仕事には短期の仕事と長期の仕事があります。

そして1人の人が短期の仕事と長期の仕事を同時にやろうとすると

頭の切り替えが効かず極端に効率が低下します。



例えば、セールス(販売)は短期の仕事、

マーケティング(集客)は長期の仕事です。

つまり営業さんに「お客さんを見つけて売ってこい」

というのは望ましくありません。



例えば、経理と財務。

日々の経理をこなしながら、

長期的な財務戦略を考えるのはかなり難しいでしょう。



また短期と長期がぶつかった場合、

短期は目の前に現場があり、

長期は概念しかないのですから、

必ず短期が勝ちます。



開発と生産、設計と施工がぶつかった場合は、

生産と施工が優先されます。

すると組織はどんどん現実的な落とし所に

落ちてゆきます。



だからこそ、社長が意識的に、

企画、開発、採用、教育、財務といった長期の仕事に

力を与えなくてはなりません。



これら長期の仕事は今日やらなくても困りません。

でも1年、3年、5年、10年というスパンで見ると

会社にもっとも影響を与える重要な仕事なのです。



【質問】その仕事は短期の仕事ですか? それとも長期の仕事ですか?



長期の仕事に、力を与えましょう。^^



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^
 http://yurui-business.com/line@/