Green7_hissyou20141123180454_TP_Vs

 「ウチの社員はどうしてこんなこともできないんだろう・・・?」
「ウチはどうして優秀な人材を採用できないんだろう・・・?」



多くの社長が中小企業に入る社員の能力を勘違いしています。

社長は自分自身のことを平均的な能力の人間だと思っています。

だから社員に対して自分の7~8割の能力を要求したくなります。



しかしそれは大きな間違いです。

私の感覚では、社長の能力を10とすると

中小企業の優秀な社員で3、普通の社員で1くらいの

能力差があります。



社長は24時間365日、会社のことを考えているのだから、

能力が高くなるのはある意味当たり前です。



そして社長と同程度の人材ならば、

同じようにどこかの会社の社長をしているか、

大企業で活躍しています。



だから中小企業に縁のある人材の能力は、

良くて3、普通で1と理解をして、

会社の仕組みを作ったほうが早いのです。



具体的にどうすればいいでしょうか。

例えば営業です。

社長が考え、実際にやっている営業はこんな感じです。



見込み客を見つける → アポを取る作戦を考える → アポを取る

→ 訪問して課題をヒアリングする → 課題解決のための提案をする

→ 納品またはサービス → 満足度確認 → クレーム対応

→ 集金 → リピート化



これだけのステップは3の能力の社員には無理ですよね。

だから仕事を分解する。



例えば、見込み客を見つけてアポを取るまでは

会社の仕事にしてしまう。

そうすれば営業は、見込み客を訪問して課題をヒアリング、

提案に集中できます。



集中して数をこなすことで、熟練が速まります。

トータルでは3の能力であっても、

社長を超える成果を上げる社員が出てくるのです。



このような仕組みを作ること、

もしくは指示をして作らせることが

社長の仕事と言えるのではないでしょうか。^^



【質問】社長の10に対して、いくつの能力の社員を望みますか?



3で十分、感謝なのです。^^



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^
 http://yurui-business.com/line@/