cc0160133020_TP_Vs

人材のレベル感を次のように表現している人がいました。

私はなるほどなぁと思いましたが、

ご不快に思われる方がいらっしゃいましたらごめんなさい。^^;



1.できる人

 方針等を理解し、言われる前に、行動を起こす。



2.普通の人 ←通常、日本人が期待するレベル

 言われたことだけではなく、その意味、目的も考え、

 自ら、言われた以上のことをおこなう。



3.ロボット ←外国人における一般レベル

 言われたことだけはおこなうが、

 言われた以上のことはおこなわない。



4.にわとりさん

 言われた時は、分かった振りをするが、

 すぐ忘れ(3歩、歩くと忘れ)、

 元の方法でおこなっている。



5.おさるさん

 言われたことを聞かず、

 自分の好きな方法に固執する。



工場などの製造ラインに設置される

作業ミスを防止する仕組、装置のことを

ポカヨケといいます。



通常は考えられない悪い手を打つ事を意味する

「ポカ」をよける=回避する、

という意味でポカヨケです。



1、2のできる人、普通の人を採用または

育てられる会社になるのが理想ですが、

それができずに3のロボット以下の人材を使うのであれば、

ポカヨケの仕組みを作る必要があります。



どちらを選ぶかは社長の選択であり、

3のロボット以下の社員を使いながら

ポカよけの仕組みを作らず、

「社員がこんなアホをした」と嘆いたりするのは

社長としては反則なのです。^^



【質問】自社の人材のレベル感は、どうですか?



ちなみに私は、5のおさるさんでしたね。^^;



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^