TRTM9405_TP_Vs

「行かずに死ねるか」という、

自転車で世界一周している人の本を読んでいます。



その中で気になった一節。

旅先で出会った兄貴分が雪崩に巻き込まれ

死んでしまったことを主人公が知った時。



主人公は堪え難い痛みに襲われます。

そしてこれまでの自分の不遜な生き方に気づく。



死んだら死んだでその時はしょーがない。

この本の主人公も私も、

わりと多くの人がそんな風に思って生きています。



でも自分の死が周りの人に与える痛みの重さを

本当に理解しているのか。



寿命や病気ならば心の準備を与えられますが、

突然の事件、事故、災害で死んだ場合、

周囲の人は納得してくれるのか。



いやまあ納得するもしないも、

死んじゃったんだから仕方ない、

という話なんですが。。^^;



でもせめて家族くらいには、

その痛みをできるだけ緩和してあげたいなと。

そのために私は、

死ぬ準備が終わっていることを伝えています。



現実的な銀行口座や保険関係、

私の交友関係、仕事関係をまとめた

「俺が死んだらファイル」を随時更新してあります。



私が死んだら、

そこに書かれている人たちに連絡をすれば、

現実的な力のある人たちなので、

そんなに悪いようにはしないでしょう、たぶん。(笑



また事件、事故、災害に巻き込まれたとしても、

できる限り冷静に生き残る道を探します。

私はたぶんそれができます。



でもどうしても無理だとわかったら、

軽く「サンキュー」と感謝しながら

できるだけあっさり死にます。(笑



死んでしまった人に、

思い残すことがあったと思うから、

可哀想になります。



おかげさまで私が思い残すことは、

「キングダム」と「進撃の巨人」と

「闇金ウシジマくん」と「ジョジョリオン」と

「ヴィンランド・サガ」の続きを読めないことくらいです。

けっこうありますね。。(笑



何があっても私は可哀想じゃないです。

それは私だけじゃなくみんな同じ。



誰からも可哀想だと思われない、

誰のことも可哀想だと思わない、

そんな生き方ができるといいですね。^^



【質問】あとどれくらい、生きるつもりの生き方ですか?



これから飛行機に、乗ります。(笑



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^