TAKEBE_oomono_TP_Vs

さて問題です。


****************

婚活, 英会話, コーチング, 盆栽, 

ボーリング, バストアップ, 

リフォーム, 弓道, 卓球

****************


ビジネスチャンスは、

どこにあるでしょう?

チッ、チッ、チッ、チーン!



実はこれけっこう簡単で、

検索数と広告の入札単価を

Google アドワーズで調べればいいんです。



婚活(90,500件・300円)

英会話(74,000件・346円)

コーチング(18,100件・88円)

盆栽(27,100件・13円)

ボーリング(135,000件・2円)

バストアップ(胸 大きく 12,100件・89円)

リフォーム(74,000件・200円)

弓道(27,100件・40円)

卓球(246,000件・39円)



検索数は市場の大きさ、

入札単価は競争の激しさがわかります。

そうすると一番市場が大きいのは卓球で、

一番競争が激しいのは婚活ですね。



ビジネスにしようと考えた場合、

BtoCなら10,000件以上、

BtoBなら1,000件以上の検索数は欲しいところ。



また入札単価が10円以下ならライバルはほとんどいません。

100円以下ならまだチャンス有り、

数百円程度だとちょい厳しい。

1,000円超えているとレッドオーシャン。



ただここで注意が必要なのは、

例えばパソコンなどネットと親和性が高い分野は

検索数が多く出ますが、

ネットと親和性が低い分野は低く出る傾向があります。



あと例えば「ボーリング」という言葉は、

遊戯場と掘削の両方に絡んでくるので、

また別の判断が必要ですね。



で、今回はめんどくさいから全部はやりませんが、

検索数を入札数で割ります。



婚活ならこんな感じ。

90,500件÷300円=301

そうすると広告1円あたりで

リーチできる数がわかります。



ただこの金額で広告が出せるわけではないので、

市場の有望さを相対的に測るのに有効、

という程度に考えておきましょう。^^



【質問】あなたの狙っている市場は、どの程度有望ですか?



「旅費規程」は1,600件の40円。いい感じです。^^



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^