WEB86_bonpower20150207120628_TP_Vs

人から何かをしてもらった時、

『感謝』を感じる人と『罪悪感』を

感じる人がいます。



最近、学生や若手のビジネスマンに

いろいろ教えてあげることが多いのですが、

「すみません、いつか必ずお返しします」

と言われることがあります。



これは『感謝』ではなく『罪悪感』なのではないか

と思っています。



『罪悪感』は、

何かしてももらった人への借りなので、

その人に同等のものを返さなければいけない、

という感じです。

心がそこに囚われてしまいます。



これに対して『感謝』は、

もっと純粋に、ありがとう、

自分らしく生きて誰かの役に立つことで

恩返しをしますよ、

という感じでしょうか。



私としては若い人に何かを伝えられるだけで

すでに十分に見返りを貰っているつもりです。

ですから『感謝!』とだけ思って頑張って貰えれば

それでいいのです。



そもそも私だって、

上の世代からいろいろ受け取ってきたし、

それはとうてい返せるものではありません。



私らしく生きること、

そしてできるなら受けた恩を下の世代に回すことで、

世の中は回ってゆきます。



『感謝』とは受けた恩を

相手にそのまま返すのではなく、

自分が貢献できる人に何かを

してあげることなのです。



【質問】『感謝』と『罪悪感』を混同していませんか?



『罪悪感』は心の囚われ、『感謝』はパワーになります。^^



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

■ゆるビジ☆LINE@も登録お願いします。^^