PAKUIMGL9498_TP_Vs

1個1,000円のリンゴってどう思いますか?

普通のリンゴは100円かそこらでしょうから、

まあ高いですよね。



そうするとお客さんは、

「そんな高いリンゴは買えない」

ということになります。



なのでわれわれ商売人は、

同じリンゴ同士ではなく、

メロンと比べさせることが必要です。



メロンだったら5,000円くらいはザラですよね。

だから、

「このリンゴはメロンと同程度の糖度・おいしさです。

 それなのに値段はなんと1/5です」

というメッセージを伝え方をします。



こうすることで、

100円かそこらのリンゴと比べられるよりも、

圧倒的に価値が上がりますよね。^^



あなたの売っている商品・サービスは、

リンゴの中で比べられると、

きっとまあまあ高いのでしょう。(笑



そうすると周りの安物のリンゴと比べられてしまう。

でも本当に比較するべき対象は、

メロンだと伝えたらどうでしょう?



田島の例で言えば、

販売しているマニュアルの価格は10万円が主力です。

一般的な1,500円の本と比べればバカ高ですよね。(笑



でもマニュアルが生み出す効果と言えば、

単年度で見ても数十万円から数百万円です。



費用対効果で考えれば、

めちゃくちゃお得じゃありませんか??(笑



だから費用対効果ではなく、

PDFファイルにそんなにお金は出せない、

という価値観の方は私のお客さんにはなりません。



リンゴにメロンの価値があることを伝えるのが、

マーケティングの力です。

商品・サービスの価値を、正しく伝えましょう。^^



【質問】あなたの業界のリンゴは何ですか? メロンは何ですか?



詳しく学びたい方はこちらの本で。^^

       ↓

■究極のセールスレター (著)ダン・ケネディ



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^