KAZUHIRO171013336_TP_Vs

昨日のメルマガには

たくさんのメッセージをいただきました。

ありがとうございます。^^


■商売は相手のため



その中でも熱かったお2人のメッセージを

ご紹介させていただきます。



《K社長さま》
 毎日、朝メーラー開くのを楽しみにしています。
 最初は少し胡散臭い(スミマセン)・・と
 流し読みしていましたが、
 これだけ毎日、ご自分の言葉で書き綴ることができる
 田島さんはすごい!です。

 メールの内容は共感したり、反感をもったりと
 良い意味で自分の朝のカンフル剤になっています。

 このメール配信サービスが有料になっても
 読み続ける自信がありますね。

 今日のお言葉はぐっと心に沁みました。


→はい、たしかに胡散臭いです。^^;



でももし私が胡散臭いと思われたくないと、

エリートコンサルタントのような文章を書いていたら、

きっと誰にも刺さらないですよね。(笑



自分の言葉で書き綴っていると書いていただきましたが、

我々中小企業ビジネスで必要なのは人間らしさです。



本当はドロドロに泥臭いのに、

それを見せられていない中小企業がなんと多いことか。

もったいないです。^^;



人間ですから意見がぜんぶ一致するわけがなく、

共感したり反感したりしながら、

お互いがなにかを創造すればいい。



あと毎日配信していますが、

過去の流用がけっこう多いです。^^;

実は昨日のメールもそうです。(笑



過去の流用であっても、

初めて読む人もいるし、

過去に読んだけど忘れている人もいるし、

過去に読んで覚えているけど新しい何かを思う人もいる。



何度も読んで覚えてしまって、

なにも創造が生まれなくなったら

サラリと卒業すればいいのです。^^



自分に対する判断を、自分で手放すこと。

それが「商売は相手のため」ということなのかもしれません。^^



《S社長さま》
 田島さんの講座に参加して、田島さんのお話し聞いたり、
 自分でコンテンツやLPを作ってみて、
 少しずつ「商売は相手のため」という感覚が
 つかめてきたような気がする。

 相手のためだけど、
 それは自分を犠牲にするってことではないし、
 相手のためが結局は自分のためにつながると言う所が
 分かった気になっていたけどわかっていなかったように感じます。
 まだ、わかってないかもしれませんが・・


→感覚がつかめてきたとのこと、

いいですね。^^



本質的に言えば、

犠牲というのは宇宙のどこにもありません。



「お客さんから発注されたけど、

 安いのに手間ばかりかかって、

 社員が徹夜続きで犠牲になっている」

という状況であったとしても、

注文を受けない自由、会社を辞める自由はあります。



いますぐに断ったら自分もお客さんも困ることになりますが、

数年以内にこの状況を脱しようと決めて、

そのための行動を始めた瞬間に自由です。^^



そしてその自由は相手のために使うことで、

そうすれば何倍にもなって自分に返ってきます。



相手のために勉強し、商品を作り、販売し、

相手のための人生を生きることが自分の人生。



自分というのは相対的な存在で、

相手がどこにもいない宇宙に一人で浮かんでいたら、

何を思うこともできません。



・・・・・。

ううーん、ダメですね、、

伝えたいことを伝えられる言葉を

まだ持っていないようです。。^^;



まあ、いっぱい稼ぎましょう。(笑



【質問】なんかヒント、ありました? ^^;



宗教はやってないので、ご安心ください。(笑



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^