0I9A359315032141ushishi_TP_Vs

最近、YouTube動画で、

自動車事故や交通違反で捕まる系の動画を見たら、

次々とそれ系の動画が出てきて、

見るのが止まらなくなってしまいました。^^;



見ている時の気持ちは、

「こういう事故のパターンがあるのねー」とか、

「こんな取り締まりがあるんだ!」というような、

交通におけるパターン学習のつもりでした。



ところが心の奥はちょっと違った様子で、

ドイツ語に「シャーデンフロイデ」

という言葉があります。



ウィキペディアによるとその意味は、

「自分が手を下すことなく他者が不幸、

 悲しみ、苦しみ、失敗に見舞われたと見聞きした時に生じる、

 喜び、嬉しさといった快い感情」とあります。



日本語で言うと、

「メシウマ!(他人の不幸で飯が美味い)」

というやつですね。^^;



ある研究では他人の不幸を見ることで、

自分の心・精神・メンタルが回復する、

と言われています。



たとえば絶頂期のホリエモンの逮捕や、

やたらとセコかった舛添都知事の辞職など、

高みにいた人が落ちていくところを見ると、

我々はシャーデンフロイデの感情によって、

自分の心の回復を図っているのです。



社会との関係性が強い日本人は、

特にこの感情を持ちやすいそうです。



他にも投資系で、

「大損害を出してしまった!」という動画を見て、

「自分の損害なんて大したことないよな・・・」

という気持ちの慰め方も確かにありますね。。^^;



また起業した友人が失敗したのを見て、

「やっぱりサラリーマンが一番!」

なーんて思ってしまうのも、

正しいシャーデンフロイデです。(笑



シャーデンフロイデのデメリットは、

他人の失敗を見て自分の心が回復したとしても、

自分の状況は何も変わっておらず、

それなのに良くなったと勘違いをしてしまうことです。



そのため反省をすることもなく、

同じ失敗を繰り返してしまいます。



もちろん心の回復は大事です。

でも人の失敗を見て自分は大丈夫と安心するだけでなく、

自分の状況を変える具体的行動まで持ってゆきたいですね。^^



【質問】シャーデンフロイデって、いませんか?(笑



フェラーリの事故動画とか、見ちゃうんですよねぇ。。^^;



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^