OZPA_gujjyobuda_TP_Vs

エディプスコンプレックスとは、

幼児期におこる心理の抑圧のことで、

その傾向の一つとして父親に対する強い対抗心があります。



実はこれ、代々続く経営者の家庭によくあるケースなのです。

絶対的に強い父、許せない面のある父、

越えられない父を持った子供(現社長)は、

無力感、無価値観、劣等感、トラウマを持ち育つことになります。



その反動により、自分が会社を継いだ時には、

自信のなさの裏返しで、

社員を率いる強いワンマン社長を演じてしまいます。



しかし実際は、出来の悪い社員の面倒を見ることで

自分の無価値観を癒すため、

依存してくる社員を必要としているのです。



そのため、社員に仕事を任せることができない、

任せたと言いながらすぐに取り上げる。

結果、社員はいつまでも育つことなく、

社内には社長が子供のころ味わったのと同じ無力感、 

無価値観、劣等感が渦巻きます。



さらに社長の家庭を見ると夫婦仲はよくありません。

そのため、社長の子供(孫)から見るとお爺ちゃんは凄いけど

お父さんはなんかダメ、と目に映ります。



これは隔世遺伝が見られる理由の一つです。

さらには会社の状況、社長の家庭環境は

社員の家庭にも伝播します。

社長の責任は甚大です。



この状況から抜け出すためには、

社長自身がこういったメカニズムがあることを理解し、

自分自身と深く向き合うしかありません。



父を赦し、家族を赦し、自分を赦すこと。

組織を率いる社長には、

自分自身が真に幸せになる責任があるのです。



【質問】自分を、赦していますか?



大丈夫、大丈夫。何をやっても大丈夫です。^^



■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^