HW20160702265616_TP_Vs

ネットで2,000万円問題の記事を見ていたら、

「給料が上がらないのは百歩譲って仕方がないとして、

 税金が上がるのは納得いかない」

的なコメントがありました。



ううーん、、

そうなの??

という感じですね。^^;



個人にとっては、

税金よりも給料の方がコントロール

しやすくないですかい?(笑



世の社長さん方は、

社員さんが売上を上げるか経費を下げるかして、

利益を生み出してくれるならば、

かなりの給料を出してもいいと思っていると、

私は思っています。



社員さんが自ら勉強して

画期的なアイデアを生み出して、

毎年1億円の粗利を稼ぎ出し、

今後もそういうアイデアを出してくれそうならば、

法人税分を考えても1,000〜2,000万円払っても

ぜんぜん惜しくないと思います。



ここで一つポイントがあるのですが、

「社員さんが自ら勉強して」

というところが重要です。



社長がお膳立てして

会社がお金を出していたら、

それは業務範囲内のことなので、

年齢、キャリア、相場なりの給料かなぁと

私は思います。



「給料が上がらないのは仕方がない」

とか言っている人は、

自ら勉強も行動もしない人です。



もし営業職をやっているのなら、

営業に関する本を10冊でも20冊でも読んで、

営業の成功者がやっているセミナーでも聴きにいって、

1つでも2つでも行動すればいい。



行動すればだんだん精度が上がってゆき、

いつかは成功するでしょう。



それでもしいくら稼いでも報酬に反映されないならば、

その会社とは相性が悪いんだから、

転職でも独立でもすればいい。

自分の認識が間違っていなければ、

それだけの力はあるはずです。



「給料が上がらないのは仕方がない」んじゃなくて、

自ら勉強し行動し続けること。

あまっちょろいことを言っていちゃいけません。(笑



【質問】社員がいくら稼いでも、給料を上げませんか?



↓のクリックで、教えてください。^^



※ 今日のメルマガが面白かったらクリック!^^




■メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^